カルガモ

種名・分類 カモ科
観察場所 河川や沼
観察時期 春から秋、冬は少ない
特徴
大きさ 61cm
 マガモと共にもっとも普通に見られ、栗山町でも繁殖しています。マガモに比べると個体数は少なく、河川や沼などで見られます。成鳥は顔が白っぽく、2本の黒い線があり、黒い嘴に先が黄色いのが特徴です。一見オス、メス共に同じ模様に見えますが、尾羽の付け根の羽(上・下尾筒)の色がオスでは黒く、メスでは褐色みがあることで見分けることが出来ます。
 鳴き声は「グヮッ、グヮッ」や「グェッ、グェッ」