コガモ

種名・分類 カモ科
観察場所 河川や沼
観察時期 秋から春
特徴
大きさ37.5cm
 国内に生息するカモ類の中では最も小さい種です。オスの繁殖羽は頭部が赤褐色で、目の周りから後方へ伸びるように太い緑色の帯があります。また、尾羽の付け根部分には黄色い班がありよく目立ちます。栗山町では春と秋の渡り時期に、河川や沼に渡来します。また、秋に渡来するカモ類の中でも比較的早い時期から姿が見られます。