戸籍窓口での本人確認について

2012年3月1日

平成20年5月1日より戸籍窓口での本人確認書類が必要になりました

5月1日から法律の改正により、結婚や養子縁組などの届出の際は、本人確認、戸籍証明書を取得する要件や手続きが変更になりました。
改正戸籍法パンフレット(1.08MBytes)

 

戸籍の届出をする場合

結婚、離婚、養子縁組、養子離縁、認知の5つの届出について、窓口にいらした方の本人確認を行います。ご本人の確認ができない場合は、ご本人に対して届出があったことを通知します。
また、自分の意思によらない届出がされる恐れのあるときは、届出を受理しないようにあらかじめ申出ができます。

 

戸籍の証明書を請求する場合

窓口で本人確認を行います。代理人が請求する場合は、ほかに委任状などの書面により代理権限の確認を行います。

 

本人確認の方法

窓口で運転免許証、写真付きの住民基本台帳カードなどの書類の提示を受け、本人確認を行います。    

関連記事

お問い合わせ

住民・国保グループ
電話:73-7509