高齢者福祉サービス

2012年4月9日

高齢者福祉サービス

 

栗山町では、高齢者がいつまでも住み慣れた地域で安心してくらせるよう、在宅生活の支援を目的に各種サービスを実施していますお気軽に問合せ下さい。

体を動かして介護予防をしましょう

○体力づくり教室(パワーリハビリテーション)

医療用トレーニングマシンを使用した運動教室

対象者等

65歳以上の高齢者で生活機能チェックリストにおいて二次予防事業対象者となった方  

利用料等

週2回で1クール3ヵ月 場所 しゃるる  1回500円 ※送迎あり

 

○すこやか運動教室

ストレッチやバランス訓練等を通してバランス感覚を維持する教室

対象者等

65歳以上の高齢者

利用料等

月2回 場所 しゃるる、Eki、角改善センター、南部公民館、 1回200円

 

○生きがいづくり事業

由仁町のプールや器具を使用した運動・介護予防講話

対象者等

65歳以上の高齢者で、要支援(介護)認定者

利用料等

月2回 場所 由仁元気づくり館等  1回200円  ※送迎あり

 

在宅生活を応援します

○配食サービス

栄養バランスの取れた食事の提供と安否確認

対象者等

65歳以上のひとり暮らしの高齢者のみの世帯等で、栄養改善や見守りの必要な方

利用料等

週6回まで(日曜以外) 1食400円 

 

○外出支援サービス

移送用車両により、高齢者等の居宅から町内の病院や公共施設までの送迎

対象者等

65歳以上のみ世帯の要介護認定者で、公共交通機関の利用が困難な方で町税等の滞納のない方

利用料等

月額8,000円を限度  1回200円 

 

○二次予防訪問介護

ホームヘルパーを派遣し、家事等日常生活の支援と指

対象者等

65歳以上の高齢者で生活機能チェックリストにおいて二次予防事業対象者となった、社会生活が困難な方・住民税非課税世帯で町税等に滞納のない方

利用料等

週2回程度(6ヵ月以内)一回60分以内  1回100円 

 

○除雪サービス

玄関前等の除雪及び屋根の雪降ろしや排雪経費の助成

対象者等

住民税非課税世帯で65歳以上の高齢者のみの世帯、かつ町税等の滞納のない方

同一町内会、自治会に満65歳未満の2親等以内の親族がいない世帯

助成額等

12月~3月  年間52,000円を限度 利用者負担3割

 

○緊急通報装置設置

自宅に緊急通報装置を設置し、緊急時の生命の安全確保と、健康相談を実施

対象者等

おおむね65歳以上の高齢者のみの世帯等で、健康状態、身体状態又は日常生活動作に支障がある方

内容等

ペンダント式の緊急通報装置を電話回線で高齢者緊急情報センターと接続

設置費は無料

 

○老人日常生活用具給付

介護保険給付対象外の日常生活用具の給付又は貸与(自動消火器・電磁調理器等)

対象者等

おおむね65歳以上の一人暮らし高齢者等で低所得者の方

内容等

生計中心者の前年所得税課税年額に応じて負担あり

 

○町営バス高齢者乗車券

町営バス料金の減免

対象者等

満70歳以上の高齢者

内容等

乗車券の提示により料金を半額

 

家族介護を支援します

○家族介護用品支給

在宅で紙おむつ等を使用している方の介護用品の助成

対象者等

要介護4・5の方を在宅で介護している

助成額等

町内指定店にて、月6,250円まで

 

○寝具洗濯サービス

要介護者の寝具洗濯料を助成

対象者等

要介護4・5の寝たきり等の在宅高齢者を介護している方で、住民税非課税世帯、かつ町税等の滞納のない方

助成額等

年3回まで(1回の上限が12,800円)  利用者負担1割

 

○福祉ベッド利用事業

一時的に介護用ベッドが必要な方へレンタル料を助成 

対象者等

住民税非課税世帯の方で、病院からの一時帰宅等で介護用ベッドが必要な方

助成額等

年12回まで(一回の上限が13,000円) 利用者負担1割

 

○家族介護者ヘルパー助成

家庭での介護を容易にするためホームヘルパー研修費の助成

対象者等

要介護4・5の方を在宅で介護している方

助成額等

1人30,000円まで

 

○認知症高齢者徘徊探索サービス利用助成

徘徊している高齢者を早期に発見できる機能を有する機器購入費用の助成

対象者等

要介護1以上の方や医師の診断で認知症と認められた方

助成額等

機器の購入費、加入料金又は登録手数料  11,500円上限

 

その他の応援

○長寿祝金の贈呈

長年にわたり社会につくされた高齢者を敬愛し、祝金を贈呈します。

対象者等

満100歳のお祝いにくりやまギフトカード30,000円と、盾を贈呈

 

○歩道ベンチ設置(一休さん)

町内市街地の歩道に木製ベンチを設置。休憩やバスを待つ間などに利用されています。