農業者年金

2012年6月6日

農業者年金について

新しい農業者年金制度が2002年1月1日からスタートしました。農業者の老後の生活の安定と福祉の向上に加え、保険料助成を通じて担い手を確保するという目的を併せもつ政策年金です。

農業者年金への加入手続きなど、詳細につきましては農業委員会、またはJAへお問い合わせください。

 

制度の特色 

1.安定した年金の財政運営ができるしくみです

将来の年金受給に必要な原資をあらかじめ自分で積み立て、運用実績により受給額が決まる確定拠出型年金です。加入者や受給者の数に影響されない安定した年金制度であり、運用利回りの状況などで保険料が引き上げられることはありません。

2.農業に従事する人は広く加入できます

国民年金の第1号被保険者で、年間60日以上農業に従事する20歳以上60歳未満の人は誰でも加入できます。農地をもっていない農業者や、配偶者や後継者などの家族従事者も加入できます。脱退も自由です。脱退一時金は支給されませんが、加入期間にかかわらず、それまでに支払った保険料は将来、年金として受け取れます。
旧制度の加入者で特例脱退した人も、特例脱退をしないで2002年1月1日の新制度スタート時点で継続加入しなかった人(旧制度の受給者)も加入できます。 

3.保険料の額は自由に決められます

 

毎月の保険料は2万円を基本に、最高6万7,000円まで千円単位で自由に決められますので、経済的な状況や老後設計に応じていつでも見直すことができます。余裕がないときは積み立てないで、余裕がでてきたときに積み増しするということも可能です。

4.80歳までの保証が付いた終身年金です

 

年金は亡くなるまで受け取れますが、仮に加入者や受給者が80歳になる前に亡くなった場合でも、死亡した翌月から80歳までに受け取るはずの年金(老齢年金)を予定利率で割り戻した額を、死亡一時金として遺族が受け取れます。

5.早く加入するほど有利です

 

加入期間が長いほど、複利効果などで運用益のアップが期待できます。

6.税制面でも大きなメリットがあります

保険料は全額(最高年額80万4,000円)、所得税の社会保険料控除の対象になります(個人年金の場合、控除額の上限は5万円です)所得税が増えるほど大きな節税効果があるわけで、所得額によっては政策支援より大きなメリットになる場合もあります。
また、預貯金では利子の20%が課税されますが、農業者年金の運用益は非課税です。さらに、受け取る年金についても、公的年金等控除の対象となります。

7.意欲のある担い手に保険料助成があります

経費を除いた農業所得が900万円以下で、60歳までに20年以上加入することが見込まれ、かつ下記の表の区分1~5のいずれかの条件を満たせば、基本保険料(2万円)のうち国から最高半額の助成(政策支援)があります。国民年金以外では、唯一国からの保険料助成がある政策年金で、35歳未満の若い人ほど有利です。政策支援を受けている間は保険料は2万円に据え置かれ、増やすことはできません。
助成部分は「特例付加年金」と呼ばれ、原則65歳以降の年金受給時までに後継者や第三者に経営を継承する必要がありますが、配偶者は家族経営協定を廃止すれば経営継承したことになるため、受給しやすくなっています。
経営を継承できない場合でも、自己負担部分の農業者老齢年金は受給できます。

保険料の助成対象者と助成額 

 

政策支

援区分

政策支援要件 助成額
1 ・認定農業者及び青色申告者の両方に該当している者であること。
・農業所得の額が900万円以下であること。
35歳未満
10,000円
35歳以上
 6,000円
2

・認定就農者(認定を受けた日から5年以内)及び青色申告者の両

方に該当している者であること。
・農業所得の額が900万円以下であること。

3

・政策支援区分1又は2の者と家族経営協定を締結した配偶者又は

直系卑属であること。
・1又は2の者から支払いを受けた給与などが900万円以下であること。

4

・認定農業者又は青色申告者のいずれか一方に該当する者であっ

て、3年を経過した日において政策支援区分1になることを約した者

であること。両方に該当している者であること。
・農業所得の額が900万円以下であること。

35歳未満
6,000円
35歳以上
4,000円
5

・農業を営む者(政策支援区分1又は2の者を除く)の直系卑属の後

継者であって、35歳に到達(25歳未満の者は10年経過)した日にお

いて政策支援区分1になることを約した者であること。
・親などから支払いを受けた給与などが900万円以下であること。

35歳未満、35歳以上
6,000円

 

 

 

お問い合わせ

農業委員会事務局
電話:73-7518