事業所から出るごみの処理

2012年6月19日

事業所ごみについて

事業活動に伴って、事務所や店舗などから排出される廃棄物(事業ごみ)は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の規定により、事業者自らの責任において適正に処理しなければなりません。


廃棄物の内容について

事業系一般廃棄物
※町のごみ収集車では収集しません。 
事業活動に伴って出るごみ(飲食店、商店、官公庁、会社の事務所等から出るごみ)は、自己処理するか、町の処理施設へ自己搬入もしくは町の一般廃棄物収集運搬許可業者に収集を依頼して適性に処理して下さい。
※許可業者に依頼する場合でも、資源分別が必要です。

 

産業廃棄物
町の処理施設(環境センター)では、産業廃棄物は受け入れできません。産廃運搬処理業者に依頼するか、産廃処理場へ自ら運搬し適正に処理して下さい。

事業ごみのうち「古紙・ダンボール」や「びん・缶」ついては、再生利用を目的として収集運搬を行っている民間の資源回収業者(町外も可)に依頼することも可能です。

お問い合わせ

環境政策グループ
電話:73-7511