第1回栗山町財政モニター会議

2012年7月1日
町は広報誌やホームページを中心に予算や決算など、町の財政に係る情報を町民の皆さんに公表してきましたが、これまで、町民にとってわかりやすい内容になっていたかなどの、検証が課題となっていました。町民の目線の意見や疑問点を的確に把握し、より分かりやすい情報提供を実施するため、一般公募のモニター4人と、学校推薦による学生モニター5人を財政モニターとして委嘱し、モニター制度を開始しました。椿原紀昭町長は「町民と行政の情報共有を進めるうえで、まちの財政状況は、町民のみなさんに最もご理解をいただかなければならないことです。モニター制度は全国的にめずらしい制度で、栗山町のまちづくりのため、モニターの皆さんにはご尽力いただきたい」とあいさつすると、モニターの丸山俊信さんは「財政のことはよくわからないが、孫の世代に何が残せるか、しっかりと協議していきたい」と決意を話していました。今後、勉強会を交えながら、町広報で掲載を予定している財政情報や、来年度に発行を予定している「予算説明資料」の内容について、意見を出し合い、わかりやすい情報提供へと改善していく予定になっています。

 

 

 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:73-7501