栗山建設協会が安全大会を開催

2012年7月2日
栗山建設協会(鵜川昌久会長)の安全大会が25日、「ルールを守る安全職場 みんなで目指すゼロ災害」をスローガンに、カルチャープラザ「Eki」で開かれ、町内の建設会社などから約60人が参加しました。鵜川会長が「事故に想定外はない。安全に経費を削減しない」とあいさつ。岩見沢労働基準監督署の高倉次長が管内の労働災害の発生状況、栗山警察署交通課の石橋企画規制係長が交通安全についてそれぞれの立場から講話を行いました。最後に参加者を代表して、共立道路株式会社の渡部取締役業務部長が決意宣言、さらに山崎建設の山崎専務が暴力追放宣言を行い閉会しました。

 

 

 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:73-7501