全道大会で好成績*剣道少年団

2012年7月6日
6月24日に苫小牧市で行われた北海道少年剣道錬成大会の団体戦中学生の部で、栗山剣道少年団(佐伯敏之監督)が見事全道3位に入賞し、7月31日から日本武道館(東京都)で行われる全日本少年剣道練成大会出場を4年連続で決めました。また、7月1日に旭川市で行われた青少年剣道旭川大会では、栗山剣道少年団の女子の部(高田恭介監督)が出場42チーム中、見事優勝しました。全道大会で好成績をおさめた両チームは、7月5日、鈴木紀元教育長へ報告に訪れました。男子の神田貴広主将は、「連続で全国大会に出場できますが、過去、すべて1回戦で敗戦しています。今年は、何とか2回戦に進めるよう頑張りたい」と全国大会への抱負を話してくれました。