ロンドン五輪出場*右代選手*角田で交流会

2012年7月11日
陸上の十種競技の日本記録保持者で、ロンドンオリンピックに出場する右代啓祐(うしろ けいすけ)選手が、10日、角田小学校(千葉潤校長 全校児童54人)を訪問し、児童と交流しました。右代選手の母親である佳緒里(かおり)さんが角田小学校の卒業生で、祖父である広岡清治さんは現在も角田在住という縁もあって今回の訪問となりました。交流会では、児童から右代選手へ質問したり、右代さんが持つ走り幅跳びや、走り高跳びの記録を実際に確認するなどし、オリンピック選手の凄さを体感していました。右代選手は児童にむけて「僕は10種競技をやっていますが、皆さんも、まずは勉強でも運動でもいいから10個自信をもって得意だと言えるものを身につけるように頑張ってもらいたい。僕も、十種類の競技すべてをみんなに覚えてもらえるようにオリンピックで活躍したい」と話してくれました。最後に、児童全員とハイタッチや記念撮影をして、貴重な交流会となりました。右代選手は27日にロンドンへ出発し、8月8日、9日の競技に向けて調整をする予定です。