耳を傾け心の扉を開く*話の聴き方講座

2012年7月13日
  不安や悩みなどに耳を傾け高齢者を支える傾聴ボランティアの理解を深めてもらおうと、総合福祉センター「しゃるる」で12日、『話の聴き方講座』(主催:社会福祉協議会)が開かれました。講師にシニアピアカウンセラー(傾聴ボランティア)の松坂志津枝さんを招き、自己紹介を兼ねた話の聴き方の練習などが行われました。松坂さんは「傾聴は、話に耳だけを傾けるだけではありません。自分で感じたことを表現して相手に伝えることがとても重要です」と呼びかけました。町内では、昨年5月に、傾聴のボランティアグループ「虹」が結成され、福祉施設で自主活動するなど関心が高まっています。同講座は、5回に分け8月3日まで行われます。