川の流れを体で体験*継立中学校2年

2012年7月19日
地域の自然を体験しようと継立中学校2年生14人が18日、夕張川でゴムボートによる川下り体験を行いました。NPO法人雨煙別学校の高橋慎さんらを講師に招き、ボートの乗り降りは体勢を低くしなければならないことや、川に落ちてもオールが浮き輪代わりになることなどを学びました。生徒たちはゴムボートに乗り込むと場所によって流れの強さが違うことなどを体で感じとりながら約1キロを1時間ほどかけて下りました。体験した折口琢麻さん(13)は「流れの強いところや弱いところの違いを体で感じることができました。楽しかったです」と話していました。

 

 

 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:73-7501