ワークセンター栗の木が10周年を迎え感謝祭

2012年7月30日
 
知的障がい者の社会的自立を目指してパン製造を行っているワークセンター栗の木が開設10周年を迎え、パン販売所ピノキオハウスで感謝祭が開かれています。同センターを運営しているNPO法人栗山町手をつなぐ育成会の坂本武理事長は「地域の皆さんから応援をしていただいて10周年を迎えることができました。日ごろの感謝として特別価格でパンを用意していますのでたくさんの方にに来てほしいです」と話していました。店頭には食物繊維や鉄分が豊富な小麦ふすまをたっぷりと使った健康お菓子スティック・ブランも並んでいます。同感謝祭は31日まで開かれます。

 

news-1.jpg  news-2.jpg

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:73-7501