日韓農業シンポジウムが開催

2012年8月13日
 
アジアの農業について広く考えようとカルチャープラザ「Eki」で10日、日韓農業シンポジウムが開催されました。韓国の江原(カンオン)大学の学生や関係者11人のほか、北海道大学の学生や町民など約100人が参加。農業者の高齢化・後継の問題を抱える両国から、農業の新たな担い手についての取り組みなどが報告され意見の交換が行われました。北海道大学 太田原高昭名誉教授の講演ではTPP問題の現状や地域農業の課題が報告され「一部の人の利益にしかならないTPPを絶対にやめさせなければならない」と参加者に呼びかけました。来年度は韓国で開催される予定です。

 

news-1.jpg  news-2.jpg

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:73-7501