楽しいことがい~っぱい*匠まつり

2012年8月15日
「匠まつり2012」が11日、商店街イベント広場で開催されました。子どもたちに木のぬくもりや、モノを作る喜びを知ってもらおうと、町内の大工さんや商店主などで構成する「くりやまの匠たち」が主催して今年で6回目。1,000人を超える親子連れなどが、さまざまなアトラクションを楽しみました。今年は、自分で作った箱に野菜を詰め放題できるコーナーや、本物のクワガタを、ひもの糸で釣り、自分で作った虫かごに入れるクワガタ釣りコーナーが大人気。とんかちと釘を使い、木のおもちゃや棚作りなどを楽しむ「とんかち広場」では、匠の手ほどきを受けながら、思い思いの木製品を楽しみながら製作していました。町内から参加した、佐藤あみさん(小学4年生)と山内優奈さん(小学4年生)は「とんかち広場では、ごみ箱を作った。ゲームコーナーでは3等賞が当たってすごくうれしかった」と大いにまつりを楽しんでいました。