プロの味を教えます*町民ふれあい講座

2012年9月14日

栗山町社会教育施設の指定管理者、株式会社 日東総業(松下早苗社長)主催による料理教室が、13日、町民16人の参加により南部公民館で行われました。ながぬま温泉の料理長 緒方一幸さんを講師に招き、玉ねぎのみじん切りや、キャベツの千切りなど、普段の方法とはちょっと違うプロの技の数々を直伝されながら、「道産豚ロースのポークチャップステーキ」と「マスカルポーネ風味の南瓜ポタージュ」の作り方を教わりました。参加者の川田智江子さんは「豚肉のスジの切り方は勉強になった。普段とは逆に筋を切るため、肉の見栄えも良くなる」とプロの技に感心していました。同社による「町民ふれあい講座」は、この後もカルチャープラザ「Eki」や、角田農村環境改善センターなどで実施されます。詳しくはカルチャープラザ「Eki」事務局(73-3333)までお問い合わせください。