立派に実ったよ!*稲刈り体験

2012年9月20日
今年5月に栗山小学校5年生の児童が植えた稲が立派に実り、刈り取り作業が行われました。子どもたちに食の大切さを理解してもらいたいと富士の長尾康司さんが水田を提供し毎年行っているもので、19日、5年2組の児童27人が稲刈りを体験しました。児童たちは長尾さんから稲の刈り方を教わった後、一人ひとり鎌を手に作業開始。「なんだか楽しい~」「刈る瞬間が気持ちいい~」など歓声をあげながら農業体験を楽しみました。稲刈り終了後には、フォークリフトで高い位置から自分たちの刈った水田を眺めるおまけつき。12月には、収穫したお米と栗山産の野菜でカレーライスを作る調理実習が予定されています。