栗山中学校生徒*スーパーラッキー店員に!

2012年10月12日

10月11日、12日に栗山町内のスーパーや商店、保育所など21カ所の職場で栗山中学校の1年生が職場体験学習を行いました。 1年生は労働することの意義を実体験として獲得するという目的のもと内容のある2日間にできるように事前学習を行ってきました。スーパーのラッキーでは7人が一生懸命仕事をしていました。11日に2階の日用品売り場でタオルの品だしをしていた村上博人くんにこの学習でなにを学びたいかを聞くと「接客態度を学びたい」と答えてくれました。次の日にもう一度ラッキーに行くと前の日とは違い自分から動くことができるようになっていました。後藤聖哉くんに感想を聞いたところ「大変だけどすごくやりがいがありラッキーに来て良かった」と答えてくれました。みんなは接客の仕方を教わりながら一生懸命頑張っていました。まちの人の協力により栗山中学校の1年生は充実した2日間になりました。

 

※このニュースは、栗山中1年A組の大畠駿希(しゅんき)さんが担当しました。