ハサンベツで収穫した稲を脱穀*継立中学校3年生

2012年10月22日
  今年5月の田植えから秋の稲刈りまで稲作の体験学習を進めてきた継立中学校の3年生13人が19日、稲の脱穀作業を行いました。ハサンベツ里山計画実行委員会の高橋慎さんらの指導のもと、同校でハサンベツ里山に植えたもち米のほか、くりやまキッズクラブで植えたもち米を脱穀機に入れ、落としたモミガラをふるいにかけるなどして藁(わら)くずを取り除きました。同校ではこのもち米を使い12月に餅つきを行う予定です。作業した及川紗希さん(15歳)は「田植えから収穫・脱穀までを行いました。最後は調理実習。楽しみです」と話していました。
   

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:73-7501