多世代の交流を目指したカフェがオープン

2012年11月2日
  いきいき交流プラザ(中央3丁目)が、多世代の交流を目指した、まちなかケアラーズカフェ「サンタの笑顔(ほほえみ)」として、1日、リニューアルオープンしました。町内で急増するひとり暮らしや、ケアラー(無償の介護者)などが気軽に立ち寄り、ボランティアなどと交流できる空間づくりが目的。指定管理者の栗山社会福祉協議会(橘一也会長)主催によるオープン式では、老人クラブ連合会やボランティア関係団体などの関係者約40人が集まり、オープンを祝いました。橘会長は「個人の利用だけではなく、団体の交流の場としても活用いただきたい。多くの方に利用してもらい、楽しい憩いの場となってほしい」とあいさつしました。