猟友会の原 五一さんに善行表彰

2012年11月5日
有害鳥獣による人的被害や農作物被害防止に、長年、多大な貢献をされている原 五一さん(松風2)への町善行表彰が5日、役場応接室で行われました。原さんは、昭和47年から38年間、北海道猟友会栗山支部支部長を、昭和50年から29年間、北海道猟友会理事を歴任。現在も熊駆除員を務められているほか、エゾシカや、キツネ、アライグマなどの駆除、担い手の育成などでも活躍されています。椿原紀昭町長から表彰の盾を受けとった原さんは「長生きして続けられて良かったです。とてもうれしいです。これからも町の助けになれるように頑張りたいです」と話していました。

 

 

 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:73-7501