食を楽しみ心と体を健やかに*食の健康増進研修会

2012年11月8日

 

健康に生活していくために大切な『食』について考えてもらおうと、『食の健康増進研修会』(町主催)が7日、総合福祉センター「しゃるる」で開かれ、健康に関心を持つ町民など35人が参加しました。講師に天使大学の荒川義人教授を招き、「みんなで考えよう!健康に楽しく食べる力」と題し、朝ごはんや、楽しく食事をすることの重要性などについて講演。荒川教授は「おいしく食べて心を育むことが大切です。しっかり噛んで会話も弾む『カム&トーク』で楽しい食事を実践しましょう」と呼びかけました。講演後には、家庭でできることや、これからしていきたいことなどを班ごとに話し合うグループワークも行われました。同研修は14日にも、栗山赤十字病院の真井睦子管理栄養士を講師に、調理実習を行う予定です。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:73-7501