けが人や急病人を正しい知識で応急手当*赤十字救急法基礎講習

2012年11月19日
 

正しい応急手当の知識を身につけてもらおうと18日、総合福祉センター「しゃるる」で赤十字救急法基礎講習(主催:日本赤十字社道支部栗山分区)が行われました。講師から応急手当の基礎や重要性などの講義を受けた後、参加した町民など16人は実技を実施。のどに異物がつまった際に取り除く背部叩打法や、うつ伏せで倒れている人の体位を変える体位変換の方法、AEDの操作法を交えた心肺蘇生法の基礎などを学びました。

12月2日と9日には、救急員養成講習会が開かれます。

 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:73-7501