栗山監督飛び入り参加*くりのさともちつき大会

2012年12月1日
特別養護老人ホーム「くりのさと」(梅津弥須治施設長)で1日、恒例のもちつき大会が行われました。今年は特別ゲストとして、北海道日本ハムファイターズの栗山監督が飛び入り参加。梅津施設長は「皆さんの元気が出るゲストとして、以前から栗山監督の参加を熱望していました。忙しい合間をぬって参加いただきありがとうございます」と感謝のあいさつをしました。もちつき大会が始まると、栗山監督は、入所者と一緒にもちつきをしたり、記念撮影やサインにも笑顔で応じてくれるなど、入所者と職員を合わせた参加者約120人は楽しいひと時を過ごしました。職員の増田由美さんは「日ハムは北海道に来て以来の大ファン。今年の吉川投手の活躍もうれしいが、今日、栗山監督にあえて本当にうれしい」と喜びの感想を話してくれました。