初詣客で賑わう*栗山天満宮

2013年1月1日
穏やかな天候となった大晦日の深夜、栗山天満宮には多くの初詣客が詰めかけました。午後11時半過ぎから次第に集まりはじめ、かがり火がともる境内には鳥居まで続く長い列ができました。新年に近づくと日ハム監督の栗山英樹さんが太鼓を打ち鳴らし、報道各社が見守る中、カウントダウン。午前零時、さい銭を手にした人たちが続々と新年の願いを込め参拝していました。