一年の安全を祈願*剣道少年団鏡開き

2013年1月13日
  栗山剣道少年団(梶良行団長:団員数36人)による新年の鏡開きが13日、栗山小学校体育館で開かれました。梶団長は、今年の干支「巳」にちなんだ、七福神の一人、弁才天の紹介をしながら、武道と学業を両立させましょうとあいさつ。その後、指導者の長谷忠夫さんと団員の佐藤さんが共同でが「エイッ」という声とともに真剣を振りぬき鏡餅に刀をいれました。団員は、今年初めてとなる練習に汗を流し、父母により調理された雑煮を食べ、一年の安全と飛躍を祈願しました。