JAそらち南が町に『ななつぼし』10トンを寄贈

2013年1月29日
 
子どもたちに地元で採れた安心で安全な米を食べてもらおうと、JAそらち南(大友伸彦組合長)が29日、学校給食で使われる米の1年分の量にあたる、減農薬米『ななつぼし』10トンを町に寄贈しました。大友組合長は「減農薬で育てられた安心で安全な米を子どもたちに食べてもらいたいです」と話し、椿原紀昭町長は「とてもありがたいです。子どもたちに味わってもらいたいです」とお礼を述べました。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501