除雪ボランティアで地域福祉に貢献

2013年2月3日
  12区町内会(西村隆久会長)が毎年行っている「愛らぶ活動事業」に栗山高校野球部や雨煙別川の工事を請け負っている勇建設株式会社(坂 敏弘代表取締役社長:札幌市中央区)が参加し、3日、同町内会に住む高齢者宅の除雪ボランティアを行いました。参加した約40人は、自力で除雪をすることが困難な高齢者宅約20世帯の屋根の軒先の雪落としや、落ちた屋根の雪で視界が悪くなっていた窓周辺の除雪、物置の屋根の雪下ろしを約1時間かけて行いました。軒先の氷が気になっていたという星野美子さん(89歳)は「自分でも少しずつやってはいるけど限度がある。窓ガラスが割れないかと心配していた。とても助かった」と感謝していました。作業した同野球部主将の片岡宣晃さん(17歳)は「いつも地域の人にお世話になっているので、ボランティア活動を通して恩返しをしたかった」と話していました。
 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501