スポーツ少年団の子どもたちがディスクドッヂで交流

2013年2月16日
今年2回目となるスポーツ少年団本部(松本達也本部長)主催の交流のつどいが16日、町スポーツセンターで開かれ約70人の子どもたちが参加しました。子どもたちは、スポンジでできた円盤「ドッヂビー」を使ってドッジボールのようなルールで競技する「ディスクドッヂ」を体験。子どもたちは所属する少年団をはなれて結成されたチームで、親睦を深めながら汗を流しました。参加した栗山野球スポーツ少年団の工藤 彪さん(ひょう:6年)は「上手にはできなかったけど、いろいろな人と仲良くなれるので楽しい」と話していました。

 

 

 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501