ワークセンター栗の木10周年記念式典

2013年2月23日
  栗山産の小麦や野菜を使い、おいしいパンなどを作っている、ワークセンター栗の木が設立10周年を迎え、23日、関係者約100人が集まり記念式典を開催しました。NPO法人栗山町手をつなぐ育成会 ワークセンター栗の木 坂本武理事長が「この10年間、皆さまから、温かいし支援をいただきました。いろいろな苦難もありましたが、これからも、知的障がい者の健全育成をとおして、付加価値の高い自信をもって売れるパン作りを進めたい」と感謝のあいさつをしました。また、活動に対しご尽力いただいた4人に感謝状を贈呈。利用者13人からは、画用紙に自作の絵をかき、日ごろのパン作りの紹介がありました。