自分で決めた道に自信と誇りを*介護学校卒業式

2013年3月5日

町立北海道介護福祉学校(初山清仁校長)で5日、第24期生76人の卒業式が行われました。同校は介護福祉士を養成する2年制の専修学校で、全国唯一の町立校。開校以来24年連続で就職内定率100%を達成しています。初山校長は、一人ひとり卒業証書を手渡したあと「これから社会人として思い通りにならないことがあると思います。でも、この道は皆さんが自分で決めた道です。自信と誇りを持って歩んでください」と激励。卒業生を代表して佐藤あかねさんは「目まぐるしく変化する介護の現状のなか、福祉に対する熱い心と初心を忘れず努力したい」と社会人として決意の挨拶をしました。

■北海道介護福祉学校ホームページ http://www.town.kuriyama.hokkaido.jp/kaigofukushi-s/