涙をこらえ新しい一歩を踏み出す*継立中卒業式

2013年3月11日
  継立中学校(木村尚之 生徒数42人)で11日、第66回卒業証書授与式が行われました。在校生や保護者から拍手で迎えられた13人の卒業生は木村校長から卒業証書を受け取り、一人ひとりステージ上で3年間の思い出や感謝のことばを述べました。卒業生を代表して萩野友香さんは「栗山で生まれ育った私たちですが中学校生活では新しい発見の繰り返しでした。友達や先生、両親のおかげで卒業することができ、新しい一歩を踏み出すことができます。感謝しています」と答辞を述べました。この後、卒業生全員で涙をこらえながら「時を超えて」を合唱。たくさんの思い出が詰まった校舎に別れを告げました。
 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501