自分が決めたそれぞれの道へ*栗山中卒業式

2013年3月11日
栗山中学校(坪田弘校長)で11日、卒業証書授与式が行なわれ、105人の生徒が輝かしい未来に向かって旅立ちました。卒業生は在校生や保護者に迎えられて入場し、一人ひとり卒業証書を受け取りました。坪田校長から「人を思いやる気持ちと、気概を持って新しい道を進んでください」と励ましの言葉を贈られると、卒業生代表の國田康生(こうき)さんは、「これから、初めて自分が決めた道に進みます。これまで支えてくださった人に感謝を忘れず、自信をもって進んでいきたい」と決意を述べました。最後に、卒業生と在校生全員により「ケサラ」合唱し、新しい門出を祝福しました。

 

 

 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501