海外視察研修報告

2017年6月15日

 

 諸外国の先進都市の行政実情を直接見聞し、常に情報収集を図るとともに見識を広め、目まぐるしく変化する社会環境や、本町が抱える懸案事項、さらには課題解決に迅速に対応することを目的とし、平成24年度以降、町長が職員とともに海外視察研修を実施しております。 
 これまでの視察研修の内容について、ご報告いたします。

 

 

●平成28年度 

1.視察目的

 地方における人口減少や少子高齢化による地域経済縮小は、地域社会の存亡に関わる深刻な事態になることが懸念されている。この不利な状況を克服し、住民が安心して生活し、活力にあふれた持続可能な自律した地域自治を進める必要がある。
 このことから、切れ目ない子育て支援などの福祉施策、教育現場におけるICTの活用、賑わいある都市づくりや市街地再開発、農業振興施策、6次産業化など、欧州において先進的な取り組みを展開しているフィンランドおよびオランダを視察し、本町の振興発展のため、海外研修視察を実施する。
 また、フィンランド共和国カヤーニ市のカイヌーン職業学校との交換留学事業が今年で20年目の節目の年を迎えることから、さらなる交流促進と相互理解を深めるため、同校への表敬訪問を実施するとともに、同校の現状について視察する。

 

2.視察期間

  平成28年10月15日(土)から10月24日(火)まで 10日間

視察行程.pdf(141KB)

 

3.視察先

 フィンランド共和国 ラハティ市、カヤーニ市
 オランダ王国 アムステルダム市、北ホラント州北部地区

 

4.視察者

 町長 椿原 紀昭 
 総務課長 片山 伸治
 保健福祉課福祉・子育てグループ主査 出南  力

 

5.視察内容

<1> フィンランド共和国 ラハティ市における視察
 1.ラハティ市の概要
 2.フィンランドの地方自治と教育・福祉施策の概要
 3.先駆的なフィンランドの「子育て支援」
   「切れ目のない子育て相談支援機関:ネウボラ」/Launeenカウンセリングセンター
  (1)子育て相談支援機関:ネウボラの概要
  (2)ラハティ市における実践事例調査(聞き取り)
     ネウボラ保健師の担当世帯数等、対象者との面談(相談)の頻度等、医療機関との連携、保育機関その他との連携、虐待ケースや養育困難家庭への対応、利用率を高める工夫
  (3)まとめとして
 4.教育現場におけるICT活用について
  ~フィンランドの小学校における効果的活用~/幼児・児童の一体型教育施設:コミュニティセンターOnnissa
  (1)フィンランドの教育制度(概要)
  (2)リーポラ小学校におけるICT利活用について
  (3)ラハティ市における実践事例調査(聞き取り)/リーポラ小学校
     クラスの規模等、ICT(情報通信技術)リテラシー・情報モラル教育、ICT活用の事例、教職員の資質向上
  (4)まとめとして

<1>フィンランド ラハティ市における視察.pdf(1MB)

 


<2> フィンランド共和国 カヤーニ市における視察
 1.カヤーニ市の概要
 2.カイヌーン職業専門学校
  (1)カイヌーン職業専門学校の概要
  (2)地域と学校の連携について
  (3)起業支援について
  (4)福祉分野の現状と教育現場の視察
     フィンランドにおける「介護士」資格、実践的な指導方法に重点
 3.市内関係施設等の訪問
   インピリナ共同組合、カヤーニ市教育委員会、クルーナ幼稚園、高齢者等の入所施設

<2>フィンランド カヤーニ市における視察.pdf(880KB)

 

 

<3> オランダ王国 アムステルダム市における視察
 1.オランダ王国の概要
 2.アムステルダム市の都市計画等のまちづくりについて
  (1)アムステルダム市の概要
  (2)アムステルダムの都市計画について
     アムステルダム総合拡張計画、交通政策
  (3)市街地の再開発の取り組みについて
     ナイン・ストリート
  (4)歴史的建造物の活用について
     マグナ・プラザ(元中央郵便局)、Wホテル(元電信電話会社)、
     ブロイエライ・テ・エイ醸造所(元公衆浴場)
  (5)環境に配慮した住宅地の取り組みについて
     フネンパーク
  (6)まとめとして 

<3>オランダ アムステルダム市における視察.pdf(2MB)

 

 

<4> オランダ王国 北ホラント州北部地区における視察
 1.北ホラント州の概要
 2.ICTを活用した大規模施設園芸農業の取り組みについて
  (1)アグリポートA7に施設園芸農家が進出した背景
  (2)バーレンツェDC「ベズーク・アグリポート」について
  (3)園芸施設について
     温室施設、エネルギー、灌水装置と肥料
  (4)栽培から販売・流通について
     パプリカ栽培とその収穫、販売と流通、来場者の国別出身地ボード
  (5)今後の展望について
  (6)まとめとして
 3.農業の6次産業化と環境への取り組みについて
  (1)シモンフーベ(シモンの農家)の背景
  (2)6次産業化への取り組みの始まり
  (3)特産品の加工および製造
     ホームメイド・ファーマーチーズ、伝統ある木靴づくり
  (4)観光農園のさらなる拡大
  (5)自然保護と乳牛の福祉向上の取り組み
     「ケアリング・デアリー」プログラム 

<4>オランダ 北ホラント州北部地区における視察.pdf(2MB)

 


<5> 視察のまとめ

<5>視察のまとめ.pdf(150KB)

 

 

 

 

過去の海外視察研修報告について

  

平成27年度

 

平成25年度

 

平成24年度 

 

 

お問い合わせ

総務課
総務グループ
電話:0123-72-1111