北海道を舞台にした映画の資料展

2013年4月1日
北海道が舞台になった映画の資料などを展示した道立図書館北方資料巡回展「舞台は北海道」が町図書館で開かれています。夕張を舞台にした『幸福の黄色いハンカチ』(1977年公開)や、札幌ススキノが舞台になった『探偵はBARにいる』(2011年公開)などのパンフレットやポスター、雑誌などが展示されているほか、オードリー・ヘプバーンが掲載された1950年代に発行された洋画雑誌「スクリーン」などを展示した洋画コーナー、「男はつらいよ」シリーズなどを展示した邦画コーナーもあり計200点の資料が展示されています。同展は4月14日(日)まで開催されます。

 

 

 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501