新たに二人が北海道指導林家に認定

2013年4月30日
  杵臼の原田裕和さん(60歳)と桜山の谷内喜一郎さん(62歳)の二人が、北海道から優れた林業生産活動が認められ、北海道指導林家に認定されました。同認定制度は、専門的な技術・知識があり地域林業の模範となる方を認定するもので、栗山町では4人目。30日、空知総合振興局の飛岡 佳典森林室長から二人に認定証が手渡され、原田さんは「先輩たちから学びながら若い人たちに伝えていきたい」、谷内さんは「自分のやれることをして町に恩返しをしていきたい」とそれぞれ抱負を述べました。同席した椿原紀昭町長は「おふたりの活動がこれからのモデルになっていくと思います。指導林家に認定されとても心強いです」と話していました。
 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501