すべての活動を終えて*まちづくり100人委員会

2013年5月13日
  これまで町に対してさまざまな提言をしてきた「栗山町まちづくり100人委員会」(尾崎政春委員長)が、自治基本条例の制定を期に、4年間の活動を終え、13日、椿原紀昭町長へ最後の活動報告に訪れました。同委員会は、平成21年3月に発足して以来、町営バスの運行やゴミ処理場、地域医療など、町民にとって身近な問題をテーマに掲げ協議を進め、町に対し提言をしてきました。提言のひとつひとつには『行政がなすべきこと』、『町民がなすべきこと』、『協力してなすべきこと』が示され、町が進める協働のまちづくりに生かされてきました。尾崎委員長は「町と町民の双方が情報を発信していく重要性を感じました。物事に取り組めば、成果として現れると認識することができました」と4年間の活動を振り返り、椿原町長は「皆さんが本音で論議し提言していただいたものを、まちづくりに生かすことができました。これからも町民の皆さんの意見を取り入れ、まちづくりを進めていきます」と4年間の活動に感謝していました。
 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501