冷たかった!楽しかった!*継立小で田植え

2013年5月22日
  継立小学校(庄野澄江校長)の3年生から6年生までの児童43人が22日、校舎横の片山肇さんの水田で田植えをしました。16年目となる今回は、低温が続いた影響で、苗の成長も遅れ、田植えが出来るか心配されていましたが、南部耕地出張所の職員や、NPO法人雨煙別学校のスタッフらが見守るなか、児童は元気いっぱいに、苗を一つひとつ手作業で植えました。4年生の八森 南さんは「水がとても冷たかったけど、とても楽しかった。2回目の田植えだけど、今年はまっすぐ、上手に植えることが出来ました」と話していました。今後、草取りなどの管理をして、秋には、収穫祭が予定されています。