春の植物を学ぶ*継立中学校1年

2013年5月22日
  身近にある春の植物について学ぼうと22日、継立中学校(木村尚之校長)の1年生13人が、伊藤の沢川(御園)で山菜採りを行いました。生徒は、NPO法人雨煙別学校の高橋慎さんらの指導により、ニリンソウと猛毒をもつトリカブトの見分け方や、来春にもしっかりと育つように採りすぎないことなどを学びながら、フキやセリ、ニリンソウ、モミジガサなどの山菜を採りました。学校に帰った生徒は、採った山菜を天ぷらなどに調理しました。参加した生徒の鈴木かのんさん(12歳)と堀 愛梨さん(12歳)は、「食べられる山菜を見分けられるようになってことや、山菜の名前を覚えられて良かった」と話していました。
 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501