今年も栗山監督を応援しよう!栗の樹ファームの整備

2013年5月25日
町内湯地にある栗の樹ファームの、野球グラウンドの芝生や花壇の美化をしようと25日、約60人のボランティアが集まりました。栗山商工会議所青年部(高杉文浩会長)が今年の『栗さんのおかげです事業』の第1弾として呼びかけたもので、栗山青年会議所や、北海道日本ハムファイターズを応援する栗山の会の会員、北海道介護福祉学校生などが参加。参加者は芝生のグラウンドに生えてしまったタンポポとりや、外野フェンス奥にある果樹園の整備をしたほか、『栗ちゃんフラワーガーデン』ではペチュニアやオステオスペルマムで、北海道日本ハムファイターズのリーグ連覇を祈願した『V2』と、栗山監督の背番号『80』をかたどった花壇整備に汗を流しました。高杉会長は「昨年以上に、栗山監督を応援しようという方が集まってくれました。この応援事業をきっかけにファイターズの奮闘を期待したい」と話していました。夏には、この事業の第2弾として、町民や野球少年などと交流を目的とした事業の実施が予定されています。