絵画<活きる>展*図書館ギャラリー

2013年7月2日
町内在住の俳人で、絵画愛好家の山本日栄(松風2丁目)さんによる絵画<活きる>展が図書館ギャラリーで開催されています。山本さんは23年間俳句を詠み続けてきましたが、70歳の誕生日を機に、長年の夢だった絵画制作に取り組み始めました。会場には、墨と水彩の赤、青、黄色の合計4色のみを使用し、紙の上でインクを流して描く独特の技法を用いた作品29点が展示されています。山本さんは「70歳になり、特に【生きること】について考えるようになりました。いくつになっても、生きがいを持って、活力ある生活をしたいと思います」と話していました。絵画展は14日まで開催されています。