労働災害と交通事故の撲滅を*安全大会

2013年7月3日
建設産業における労働災害と交通死亡事故の根絶を誓う建設産業安全大会(栗山建設協会安全大会実行委員会主催)が3日、カルチャープラザEkiで行われました。町内の建設業各社から約80人が参加。主催者を代表して安全大会大会長の鵜川昌久会長が「残念ながら、昨年は労働災害の発生件数が増加してしまいました。今日の大会を機に、皆さんと意思統一を図り労働災害の根絶に向け努力したい」とあいさつしました。最後に鳥山電気工事株式会社の八木田雪男工事部長が「地域、職場ごとに安全管理体制を充実し安全確保の徹底を期します」と決意宣言。さらに北海設備工業株式会社の椛澤忠彦代表取締役が「暴力団を恐れない。暴力団に金を出さない。暴力団を利用しない」と暴力追放三原則を読み上げ閉会しました。