栗山町の農業を学ぶため*韓国から視察

2013年7月4日

 

  栗山町が取り組む農業施策などを学ぶため、4日、韓国から視察が訪れました。韓国南西部の『全羅北道』(日本でいう県)の農協職員で3日から来道。北海道大学や岩見沢市で視察をしてきました。椿原紀昭町長は「栗山町の取り組みから、ヒントになる何かを持ち帰って皆さんの仕事に役立ててください」と歓迎。その後、町の担当者が栗山町の農業の概要や、農業振興公社が取り組む農業者の育成について説明し視察に訪れた約40人は熱心に耳を傾けていました。
 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501