恒久平和を願い*戦没者追悼式

2013年8月20日
  戦争で亡くなられた方々を追悼する戦没者追悼式(町主催)が20日、角田農村環境改善センターで行われ、ご遺族や関係者など約70人が参列し、栗山出身の戦没者411人の御霊(みたま)に祈りを捧げました。黙とうの後、花田正博副町長は式辞で「平和を願い、人間の尊厳を守り続けることが私たちに課せられた大きな責務であり、平和の誓いも新たに、「次代に誇れるふるさと 栗山」の創造を目指し日々渾身の努力をすることをお誓い申し上げます」と述べました。その後、栗山詩吟会の皆さんによる献詩朗詠に続き、全員で献花を行い、戦没者のご冥福と世界の恒久平和を祈りました。