姉妹都市 宮城県角田市と大規模災害相互応援協定を締結

2013年8月22日
  栗山町と姉妹都市 宮城県角田市が22日、『大規模災害時における相互応援に関する協定』を締結しました。この協定は大規模災害が発生した際、被害の軽減や住民の生活を守るための応援を互いが迅速に行えるようにしたもので、復旧・復興に向けた職員の派遣や、食料・物資・機材の提供、被災者の受け入れなどが盛り込まれています。調印式では椿原紀昭町長が「この協定は両市町の住民の安心・安全に大きな意味を持つ。角田市の防災対策を学びながら両市町の絆を強めていきたい」と述べ、大友喜助角田市長は「両市町で長年培われてきた絆をより一層強く、より確かなものにしていきたい。いつ来るかわからない災害から住民の生命・財産を守ることは、行政の大切な役割。栗山町と密接な連携をとって対応していきたい」と述べました。
 

 

 

     

お問い合わせ

広報・防災・情報グループ
電話:0123-73-7501