エコについて考えよう*東海大学環境キャラバン隊

2013年9月6日
エコに取り組む大切さを感じてもらおうと東海大学(神奈川県)の学生環境キャラバン隊の18人が5日、継立小学校の4、5年生を対象に環境教室を行いました。使用済み食用油を燃料とするエコバス「天ちゃん号」に実際に試乗し、エネルギーと環境の大切さの説明を受けたあと、環境カルタや、自転車で発電し扇風機を回す体験などをして、限りある資源を有効に使うことの大切さを児童に伝えました。