創作家の作品のなかJazzを楽しむ

2013年9月29日
news-1.jpg   「エスキース+Jazzセッション[創作の過程と音楽の融合展]」が29日、くりやまアートギャラリーkiroruで開催されました。実行委員会(藤島亮代表)主催によるもので、町内の芸術家たち7人が参加。創作過程のスケッチや試作品のエスキースを見てもらい、作品を作り上げていく創作の内側を体感しながら、音楽がセッションとして成り立つ過程を感じてもらおうと、今年初めて開催されました。藤島代表は「芸術家たちは、手の内を見せることはほとんどないが、作品が生まれる過程を見てもらうことで、お客さんに色々な角度から作品を見てもらいたい」と話していました。普段見ることはできないスケッチや、設計図などに囲まれ、来場者約30人は、軽快なJazzのリズムを楽しんでいました。