「書」を愛する人たちの作品を展示*一心書道展

2013年10月25日

「第9回一心書道展」(同実行委員会主催)が24日からカルチャープラザEkiで始まりました。地域や会派の垣根を越えて、書を愛する者が一堂に会し、日ごろの成果を発表しあう場として開催され、今年で9回目。岩見沢、江別など町外からも多くの作品が集まり、臨書・創作・かな・近代詩文書など、書道愛好家25人によるさまざまな作品が展示されています。参加者全員で一つのテーマで作品を創作する「ハガキ作品」の今年のテーマは「海」。参加者それぞれの個性的な作品が展示され楽しませてくれます。この、ハガキ作品には椿原紀昭町長の「海」も賛助出品されています。

 

 ◆第9回一心書道展

 ◇期 間:10月24日(木)~27日(日)

 ◇時 間:午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)

 ◇場 所:カルチャープラザ「Eki」2階町民ギャラリー