飲酒運転は絶対許さない!追放パトロール

2013年12月12日
  飲酒運転による悲惨な事故を防止しようと、栗山町交通安全協会(岩崎俊英会長)が12日、町内飲食店街で飲酒運転追放パトロールを実施しました。警察署や町、関係団体から13人が参加し、役場会議室で行われた出発式では岩崎会長が「年末年始は特に飲酒の機会が増えます。飲酒運転は絶対に許してはなりません。この町から飲酒運転を追放しましょう」とあいさつ。黄色いたすきを掛けた参加者は3班に分かれ、町内の飲食店34店舗に「やめよう飲酒運転」と書かれた懸垂幕や、飲酒運転の追放が書かれた趣意書などを手渡し、飲酒運転を追放しようと呼びかけました