栗山の匠たちの手で学校をきれいに整備

2014年3月28日
 
栗山町技能協会(山崎信治会長)の会員など15人が28日、毎年行っている奉仕活動の一環として、角田小学校の施設修繕を行いました。塗装がはがれかかっていた配膳室の修繕や、2階図書館の窓に転倒防止用の柵を取り付けるなどの作業を手際よく行いました。山崎会長は「栗山建設協会(鵜川昌久会長)から補助金をもらって実施している。少しでも子どもたちにとって勉強しやすい環境にしたいと思っています。子どもたちが喜んでくれたら嬉しいです」と話していました。角田小学校の佐々木信之校長は「地域の皆さんに支えられていると実感します。子どもたちも新学期からきれいになった校舎で勉強ができて喜ぶと思います」と感謝していました。

 

 

news-1.jpg    news-2.jpg